• カテゴリ:
1:  2018/11/18(日) 00:28:13.75 ID:txynS12r0.net BE:422186189-PLT(12015)

アマゾンレビュー封鎖

https://swallow.5ch.net/livejupiter/


105:  2018/11/18(日) 01:12:16.71 ID:ZH/W3vRC0.net
別の商品で>>1と同じ表示出る商品にレビュー書こうとしたらレビューBAN食らった
問い合わせても返答なし。クソ過ぎる


3:  2018/11/18(日) 00:29:41.88 ID:1Ei4uPGC0.net
株価暴落の原因は実はこっちか


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/11/18(日) 20:19:36.47 ID:CAP_USER9.net
 日本テレビは18日、祭り企画にやらせ疑惑が持ち上がり騒動となっている人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の番組オープニングで謝罪した。

 番組開始前に謝罪文がテロップで表示され、女性ナレーターが読み上げた。「放送に先立ち当番組の『祭り』企画をめぐり視聴者のみなさまに疑念を抱かせご心配をおかけする事態にいたったことについて深くお詫び申し上げます(中略)これまでの番組制作のあり方を猛省し、視聴者のみなさまに自信をもってお届けできる態勢が整うまで『祭り』企画については当面の間休止いたします。製作者一同、原点に立ち返りみなさまにより楽しんでいただける番組を目指して参りますので引き続き宜しくお願いします」と騒動について謝罪し、あらためて祭り企画の当面の休止を発表した。

 問題となっているのは、宮川大輔(46)が世界各国の祭りで行われる競技に挑戦する企画。そのうちラオスの「橋祭り」、タイの「カリフラワー祭り」が実在しないと週刊文春に指摘され「ヤラせ」「でっち上げ」と批判された。

 15日には大久保好男社長が「みなさんにおわびを申し上げます。放送責任は全て日本テレビが負う」と謝罪。「制作陣に意図はない」と否定も「批判は真摯(しんし)に受け止める」として、当面は祭り企画の放送を休止することを発表した。

[ 2018年11月18日 19:58 ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/18/kiji/20181118s00041000292000c.html


52:  2018/11/18(日) 20:25:04.86 ID:Wu5sK3KW0.net
>>1
テロップだけの糞謝罪
内村は全く反省してないね


6:  2018/11/18(日) 20:21:28.25 ID:Cu8q9vxN0.net





謝罪風煽りで草


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/11/17(土) 16:37:23.74 ID:WMScQdiA0●.net BE:601381941-PLT(13121)

高崎山のサル 無料開放日も現れず スタッフが代役

野生のサルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園は、ここ最近、サルが寄せ場に出てこない状態が
続いていて、年に一度、無料で開放される17日はスタッフが代わりにサルの姿にふんして訪れた人たちを出迎えました。

高崎山自然動物園は、1200頭余りの野生のニホンザルを餌付けし間近で見ることができる人気の観光地ですが、
夏前からはサルが寄せ場に出てこなかったり出てくる頭数が少なかったりする状態が続いてます。

こうした中、17日は年に1度の無料開放の日で、午前中から大勢の観光客が訪れました。しかし、午前中はサルが
姿を見せなかったため、代わりにスタッフがサルの姿にふんして訪れた人たちを楽しませるなど対応に追われていました。

サルが出てこない理由について、動物園ではことしは山奥で木の実が豊作のため、寄せ場に降りてくる魅力を
感じなくなっているのではないかとみています。

山口県から訪れた男性は「群れからはぐれたサルが1頭くらいいるかと思いましたが、本当にいなくて驚きでした。
ちょっと残念です」と話していました。

高崎山自然動物園の浅野晃さんは「せっかくの無料開放日にサルが出てきてくれず本当に残念です。
とにかく早く出てきてほしい」と話していました。



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181117/k10011714421000.html


4:  2018/11/17(土) 16:39:43.59 ID:0ostnqwE0.net
賢いな人間は


5:  2018/11/17(土) 16:41:01.52 ID:ZrXq/M/80.net
詐欺じゃん


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/11/17(土) 15:29:56.12 ID:CAP_USER9.net
2トップの一角でスタメン出場した大迫勇也はベネズエラ戦をこう振り返った。

「チームとしてうまく機能してたのは事実で、相手が良いチームなのも事実。
そのなかで2点目が取れなかったことがいちばんの課題ですかね。
そんなに悲観する内容ではないと思います」
 
また、中島翔哉、南野拓実、堂安律の3選手との関係について聞かれると
「メディアのみなさんはそこにこだわってますけど、その3人とだけ絡んでも仕方ない。
(柴崎)岳にしろ(遠藤)航にしろ良い縦パス出してくれる選手はいるので」と注目が偏っていることへの疑問を口にした。

それでも試合をこなしていくうえで前線の大迫、中島、南野、堂安の連係は向上している印象だ。
大迫は最後に「ほんとに2点目ですね。2点目取れれば良い試合になったと思いますけど、たらればなんで。
次に切り替えて、結果を残せるように良い準備をするだけです」と悔しさを滲ませつつも、
次の20日のキルギス戦に目を向けた。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50358

関連記事
「メディアの方はそこにこだわるけど…」大迫が口にした違和感
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259364-259364-fl
「メディアの皆さんは…」 大迫が“2列目トリオ”との連係以上に「重要」と語るのは?
https://www.football-zone.net/archives/148287


3:  2018/11/17(土) 15:33:55.95 ID:9/faX++Y0.net
一番前の人が決めないとなー


63:  2018/11/17(土) 16:30:19.04 ID:w/qO9YfP0.net
>>3
時代遅れ


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/11/17(土) 02:59:32.12 ID:Jf9Qqm0jM.net
★タバコの臭いにクレーム 気を遣っていたが・・・

・「配達員に付いたタバコのにおいにまで気を遣わなければならない」。
 大手事業者から宅配業務を受注している近畿地方の事業者はそう嘆く。

 軽トラックの運転席と助手席をビニールで隔離し、タバコは助手席で吸うようにし始めたのが
 数年前。近年では、配達先の家庭から大手事業者に「配達員がタバコくさい」と連絡が
 入ったことで、就業中に配達員はタバコを吸えなくなったという。

 事業者は、「タバコ一つでここまで言われる時代」と話し、疑問を呈している。

 http://www.weekly-net.co.jp/logistics/post-9559.php


15:  2018/11/17(土) 03:04:01.37 ID:JHBRWyI7r.net
全身ファブっとけばいいんじゃね


9:  2018/11/17(土) 03:01:23.08 ID:bksL3tVg0.net
吸う本数多いやつはマジで臭いからな


続きを読む

このページのトップヘ