2018年12月

1:  2018/12/29(土) 07:56:17.49 ID:5yg6v7YD0.net BE:323057825-PLT(12000)

 「カードのご利用確認のため、メッセージを送信致しました」。
富山県立山町の自営業の50代女性のスマホに14日、クレジットカード会社からショートメールが届いた。
電話すると、思わぬことを尋ねられた。

 「コンビニでペイペイを使い、25万円近いお買い物をしていますか」

 10~13日に1回あたり1万~2万円ほど、計15回使われたことになっていた。
ペイペイが何かも知らず、利用したことはない。カードはネット通販用に作り、外に持ち出したこともない。
請求が来ないよう手続きをしてもらい、カードは廃棄することになった。
「情報が誰かに盗み取られたと思うと怖い。カードは何でも作ってきたけど、整理しないといけない」

 女性のような「身に覚えが無い…

25万円使った? ペイペイ、未利用なのに突然請求の怪
https://www.asahi.com/articles/ASLDW6WKMLDWUTIL04P.html


2:  2018/12/29(土) 07:58:04.03 ID:VATTNgt80.net
どうすんのこれ
そもそも携帯見せるのがスマートじゃないんだが


3:  2018/12/29(土) 07:59:07.60 ID:3jjdnl0P0.net
日本人はレジでモタモタするのがお似合いだよ


読む

1:  2018/12/25(火) 20:25:40.977 ID:BQcNqaLr0XMAS.net
当日とは言え、誘った7人全員にごめんなさいされるってなんなん


2:  2018/12/25(火) 20:26:21.811 ID:nV8TxQ7sdXMAS.net
お前が超絶ハイスペックエリートイケメンなら行けてた


4:  2018/12/25(火) 20:27:13.916 ID:BQcNqaLr0XMAS.net
>>2
現実見たくない


読む

1:  2018/12/29(土) 21:49:07.27 ID:CAP_USER9.net
大みそかに行われる、総合格闘技のRIZIN14大会(さいたまスーパーアリーナ)で実施される元ボクシング5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)-那須川天心(20)の注目の一戦に向け、29日、メイウェザーがようやく来日した。

自家用ジェット機でやって来たとみられ、都内ホテルで会見した。

試合は、ボクシング・エキシビションマッチとして行われるが、キック1発500万ドル(約5億5000万円)という、破格の違約金が設定されていることも分かった。

対戦が決まった時には、RIZIN側も1ラウンドに2回程度のキック使用は認める方向で交渉していた。しかし、メイウェザー陣営は拒否だけでは収まらず、違約金を要求した。

異種格闘技の始まりといわれるアントニオ猪木-ムハマド・アリ戦で、猪木のキックでアリが太ももを負傷し、世界戦が延期された事実をメイウェザー陣営は重視。キックによる負傷を避けるため、強硬手段に出たとみられる。

来日し会見まではこぎつけたが、ボクシング・エキシビションマッチとして行われる試合のルールの詳細は大会2日前になっても未定だ。

両陣営によるルールミーティングは試合前日の30日夜までずれ込みそうだ。

12/29(土) 21:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00431872-nksports-fight

【格闘技】<気楽メイウェザー>「寝ていても大丈夫」 練習もいらん 「東京はすばらしい町だ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546087531/


2:  2018/12/29(土) 21:51:36.58 ID:AunW0bqF0.net
おまえら!
卑怯者メイウェザーを見つけ出して蹴り殺せ!

いけええええええええええええええええええ


33:  2018/12/29(土) 21:59:26.32 ID:Fdr+vgrC0.net
>>2
自分でやれよヘタレチキン


読む

1:  2018/12/28(金) 11:05:30.61 0.net 


2:  2018/12/28(金) 11:07:07.96 0.net 
そなの?


23:  2018/12/28(金) 11:12:09.53 0.net 
紅白には出るが
映像は出すな

何がしたいんだ


読む

1:  2018/12/28(金) 23:07:51.00 ID:uoWdKWRA0.net BE:155743237-PLT(12000)

省人化へロボット技術活用 防衛省、隊員不足に対応
2018.12.28 16:58

防衛省は、力仕事の負担を軽減する「パワードスーツ」や遠隔操作式の
小型偵察機といったロボット技術の研究開発を進める。

パワードスーツを装着した自衛隊員(防衛装備庁提供)



作戦の一部を人からロボットに置き換える「省人化」の一環。
急速な少子高齢化や人口減少に伴う自衛隊員の不足に対応するのが狙いで、
沖縄県・尖閣諸島などの島しょ防衛や大規模災害時の活用を見込む。
 
18日に閣議決定された「防衛計画の大綱」では、慢性的な自衛隊員の不足について
「喫緊の課題」と明記。対処策として、技術革新による装備の省人化、無人化推進が必要だと強調した。
体に装着するパワードスーツは、手足の関節をモーターで持ち上げるように力を加える仕組み。
複数名での対応が強いられる重い装備品や負傷者の運搬を独力で担える。
 
約6億円の研究費を投じ、2017年に完成させた試作品は、50キロの重さを20キロ程度の体感に軽減できる。

https://www.sankei.com/photo/story/news/181228/sty1812280009-n1.html


2:  2018/12/28(金) 23:09:03.39 ID:VDg5k/TB0.net
本体が30キロあるんだろ


27:  2018/12/28(金) 23:20:38.20 ID:cDLEfRZ60.net
これからの登山グッズとして流行りそう


読む

このページのトップヘ