カテゴリ: 芸スポ

1:  2018/07/27(金) 09:18:41.58 ID:CAP_USER9.net
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の独走が止まらない。先週末の土日2日間の動員は48万6000人、興収は7億5700万円。
日本全国の小、中学校が夏休みに入ったことで映画興行においても本格的なサマーシーズンが幕開けしたが、その書き入れ時に2位にダブルスコア近い差をつけての2週連続1位となった。公開から10日間の累計では動員240万人、興収35億円を突破。
もっとも、公開のタイミングから2週目がお盆休みに重なるという好条件があったとはいえ、公開翌週に公開初週の成績を上回った前作『ジュラシック・ワールド』の同時期に比べると、劇場の席にはまだ余裕がある状況。興収100億円突破は、ここからもう一段階ブーストがかかるかどうかにかかっている。

初登場2位となったのは細田守監督作品『未来のミライ』。土日2日間で動員29万5000人、興収4億円。これはちょうど3年前の2015年7月に公開された細田守監督の前作『バケモノの子』と比較して、興収比で60.0%の成績。
そのさらに3年前、2012年7月に公開された前々作『おおかみこどもの雨と雪』の初週成績とほぼ同じ水準にまで戻ってしまった。『おおかみこどもの雨と雪』はそれでも作品への高評価が口コミなどで広がって最終興収42.2億円まで伸びて、次の『バケモノの子』にいたっては最終興収58.5億円を記録。
金曜日の公開日からの3日間で興収5億円という数字、
そして公開早々から作品へ寄せられている厳しい声などもふまえて予測するなら、昨年同時期公開の米林宏昌作品『メアリと魔女の花』の最終興収32.9億円を超えるかどうかという結果になるのではないか。

 作品の評判が少々悪くても30億円前後の興収が見込めるのだから、夏休み前半に公開される東宝配給の全世代向け非シリーズものアニメーション作品の興行力(=スクリーンの占有率と維持率)の強さはさすがである(一方で昨年の夏休み後半に公開された『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は『メアリと魔女の花』の半分以下の成績だった)。

しかし、言うまでもなくこの「夏休み前半に公開される東宝配給の全世代向け非シリーズものアニメーション作品」の枠は、2014年の『思い出のマーニー』まではジブリ作品、中でも宮崎駿監督作品が何よりも優先されてきた枠であり、そこで公開される作品はジブリ作品であっても非ジブリ作品であっても、「ポスト宮崎駿作品」としての資質とポピュラリティが問われることとなる。その機運は、現在のところ最後の宮崎駿作品となっている2013年の『風立ちぬ』の公開、及びその後の宮崎駿の長編監督引退宣言によって、さらに高まってきていた。

 あれから5年。「ポスト宮崎駿作品」を巡る状況は、刻一刻と変化してきた。2014年、ジブリで製作された最後の米林宏昌監督作品『思い出のマーニー』の失敗。2015年、細田守監督『バケモノの子』の健闘。そして、大激変が起こったのが2016年の夏から秋にかけてだ。観客の世代は限定されてきたものの、実はアニメーション監督として近年では宮崎駿に次ぐポピュラリティを獲得していた庵野秀明監督の実写作品(『シン・ゴジラ』)での大成功。
新海誠監督『君の名は。』の記録的な大ヒット。そして、宮崎駿の長編監督引退撤回とジブリの復活、2019年完成予定と言われている新作『君たちはどう生きるか』。そんな2016年の庵野・新海・宮崎の三大インパクトと比べると、2017年の『メアリと魔女の花』や今年の『未来のミライ』が世間に及ぼした波紋の小ささは、米林宏昌監督や細田守監督をすっかり「ポスト宮崎駿作品」戦線の脇役に追いやってしまったというのが正直なところだ。

 当初の予定通り、2019年に宮崎駿監督作品『君たちはどう生きるか』が公開されるかどうかはまだわからない。つい先日、庵野秀明総監督の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、東宝・東映・カラーの共同配給という前代未聞の拡大配給体制によって2020年に公開される予定であることが発表された。
もうしばらくしたら、新海誠監督の『君の名は。』に続く新作の報も届くことだろう。
すべては流動的ではあるが、数年後に「2017年と2018年は『東宝配給の非シリーズものアニメーション作品』が底を打った時期だった」と振り返られる日が来る可能性は高い。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00010026-realsound-ent

※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532592405/


8:  2018/07/27(金) 09:22:34.76 ID:zbMMdOoQ0.net
声優のわざとらしいのが好きじゃないから声優使わないのは別にいいのに
それでもこいつが起用する奴の棒っぷりは気になるからな
似たような棒の感じだからこういうのを求めてんだろうけどな


12:  2018/07/27(金) 09:29:35.49 ID:hohHEjG60.net
>>8
主人公のくんちゃん以外は合ってたよ。


続きを読む

1:  2018/07/28(土) 07:49:40.44 ID:CAP_USER9.net
4コマ漫画雑誌「まんがタイムきららMAX」(芳文社)で連載中だった漫画「本日わたしは炎上しました」が8月号分の掲載をもって最終回となることが27日、同誌編集部の公式ツイッターで発表された。同作品の作者である、どげざ氏は過去のヘイト発言が問題視され、自身のツイッターで謝罪していた。

 編集部はツイッターで「まんがタイムきららMAX連載作品『本日わたしは炎上しました』に関しまして、連載再開を予定しておりましたが、先生との協議の結果、8月号の掲載分を以って最終回とさせていただきます」と発表し、「作品を楽しみにしていただいていた皆様には大変申し訳ございません」と謝罪した。

 作者のどげざ氏は、過去のツイッター投稿がヘイト発言にあたると指摘を受け、6月25日に「私どげざの過去のツイートにて特定の人種への蔑称を使用しヘイトスピーチだと思われてしまう表現、及び特定の方々を不快にさせる表現を使用しご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪していた。

 6月にも原作者の過去の発言が原因で、10月から放送予定だったテレビアニメ「二度目の人生を異世界で」の放送と製作が中止になっている。

7/28(土) 7:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000067-spnannex-ent


2:  2018/07/28(土) 07:50:32.02 ID:3nT0ghUN0.net
本日原作者も炎上しました


3:  2018/07/28(土) 07:51:05.98 ID:iuoRYa4t0.net
>>1
馬鹿らしいわ。
そうやって、ひくから
なんでもヘイトといわれるんだよ。


続きを読む

1:  2018/07/28(土) 00:17:40.36 ID:CAP_USER9.net
「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長と交際中の女優の剛力彩芽(25)が25日、SNS発信に関する思いをそれぞれ同じ文面でアップした。

「SNSは引き続きマイペースに利用することにしました。何が起こるか分からないのがSNSだね、って結論になりました。ですので、やりながら考えます。正解はないと思いますが、どうせなら楽しく発信したいです。
それが私たちの考えです」(剛力彩芽Instagram、前澤友作氏Twitterより)

発端は、一緒に観戦したとみられるサッカーワールドカップロシア大会の決勝会場。同じ構図の写真をSNSにアップしたことから、ファンや芸能人が即座に反応し炎上。剛力はそれを受け、Instagramをすべて削除するまでに至っていた。

騒動がなかなか収束を見せない中、前澤氏はTwitterに「勘違いや誤解も多いようですので、私たちの考えを後ほどこの場できちんと説明しますね。少しお待ちください」とコメントしていた。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

7/26(木) 18:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00010017-abema-ent

写真


2018/07/26(木) 18:27:58.11
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532597278/


4:  2018/07/28(土) 00:19:23.42 ID:oUGPg0/p0.net
どうでもいいし好きにすれば良いのに。メディアが取り上げて話題にしてるのを世間の反応と勘違いして受け取ってない?


22:  2018/07/28(土) 00:26:51.59 ID:PVrQD1LI0.net
結婚してるならともかく、無責任な立場のおっさんと一緒に声明を出すこと自体が
自分の芸能生活の足を引っ張ってることに全く気付いてないな


続きを読む

1:  2018/07/27(金) 19:03:06.24 ID:CAP_USER9.net
https://mdpr.jp/news/detail/1782254
2018.07.27 00:52

お笑いタレントのブルゾンちえみが、26日放送のバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ・読売テレビ系/毎週木曜よる10時~)に出演。大学時代の出来事について語った。

19歳で「長距離の陸上体型」の超スリムな大学時代の写真を公開したブルゾン。当時の知人が現在の姿とのあまりの差に気がつかないことがあると笑わせたが、当時は教育学部の学生だったという。

しかし、「中退しました、ハムスターが死んじゃって…大学を辞めました」と卒業に至らなかったことを告白。「その時は真剣で、(ハムスターを)死なせてしまって、『ああもうこれは(大学を)辞め時だ』って」とショックのあまり大学を辞めてしまったのだという。

「ハムスターが死んでなければ教員になってた?」と松本人志に聞かれると、ブルゾンは「なってましたね…」と即答。人気者となった現在へのきっかけが、意外な出来事からだったことが明かされた。



2:  2018/07/27(金) 19:04:05.12 ID:332u55V10.net
正直、抱きたい


49:  2018/07/27(金) 19:47:27.14 ID:x4cK9XX70.net
>>2
わかるぞ


続きを読む

1:  2018/07/26(木) 18:09:59.06 ID:CAP_USER9.net
お笑いコンビ・ココリコの田中直樹が26日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に藤井隆とともに出演。昨年5月2日にタレントの小日向しえと協議離婚していたことを発表。2人の息子を引き取っていたが、昨年12月からは次男(10)は小日向と暮らしていることを明かした。

田中は黒柳徹子から「残念ながら離婚なすったんですってね」と聞かれると、「去年、離婚する運びとなってしまいまして」と切り出し、「当初は子供2人と一緒に生活していたんですけど、去年の12月ぐらいから、下の子供が前の奥さんと生活していて」と説明した。

 2人は2003年6月に結婚。04年6月に長男(14)、08年4月に次男(10)が誕生。16年秋には夫婦関係がぎくしゃくしていたとされる。

 15年に都内に豪邸を建設したばかりだった田中。離婚後は田中が2児の親権を持ち、育てていることが明らかに。小日向が家を出る形になっていた。

 小日向のツイッターは離婚発表直前、昨年4月30日の投稿が最後。「次男の同級生の女の子がやってくれて、写真まで撮ってくれたの」と次男の同級生がヘアアレンジをしてくれたことを報告。4月24日にも「今日は次男のお誕生日 9歳おめでとう!大好きだよ!! 充実した一年を送れるように お母さんはサポートがんばります」と次男の9歳の誕生日を祝っていた。

 なお、離婚時には、小日向が自身のツイッターに掲載していた田中に関するツイートをほぼ完全に削除していたことも話題となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000098-dal-ent


8:  2018/07/26(木) 18:12:46.21 ID:sbhX8wsw0.net
出せぇ!行けぇ!


4:  2018/07/26(木) 18:12:19.10 ID:v7PObK4f0.net
やめてくださいよ我が田中~


続きを読む

このページのトップヘ