カテゴリ: 女優

1:  2018/08/19(日) 10:15:20.01 ID:CAP_USER9.net
俳優、小栗旬(35)が18日、大阪市北区の大阪ステーションシティシネマで行われた映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」(福田雄一監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。
客席からの質問でこの日の朝食を聞かれた共演の女優、橋本環奈(19)は「言うの、恥ずかしい…」と絶句。
ホテルのモーニングメニューからステーキをチョイスして平らげていた。

「朝からビフテキ!?」と驚く小栗に、福田監督は「こないだ、コンビニの袋にアメリカンドッグとおにぎり2個入ってたよ」と、顔に似合わぬ大食漢ぶりを暴露。
大阪府立池田高校アメリカンフットボール部出身の菅田将暉(25)も「アメフト部やんか!」とツッコんだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000029-sanspo-movi

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」公開記念舞台あいさつ
(左から)福田雄一監督、菅田将暉、小栗旬、橋本環奈





橋本環奈


72:  2018/08/19(日) 10:28:25.62 ID:Kezd0S9d0.net
>>1
結構O脚だね
でも顔の造形だけでここまで来れるのはさすが


77:  2018/08/19(日) 10:28:56.79 ID:u1EYfZW30.net
>>1
無理して痩せることなんてないけど、この人は格好いいむっちりになれる骨格ではないんだよな
かたせりの、松坂慶子、深キョン、小池栄子あたりみたいにむっちりが映えるタイプではない


続きを読む

1:  2018/07/30(月) 10:12:42.78 ID:CAP_USER9.net


女優の松本穂香(21)が、主演する放送中のTBSドラマ「この世界の片隅に」(日曜後9・00)で奮闘している。3000人が参加したオーディションで主役に抜てきされたシンデレラ。視聴率も好調で、演技への評価も高まっている。片隅ではない。ドラマ、映画界の中心へとスターダムを駆け上がっている。 (伊藤 尚平)

【写真】TBS「この世界の片隅に」にヒロイン役で主演している松本穂香(左)夫役の松坂桃李と


 演劇に出合った高1の時、冷凍マグロの役を演じたことがある。「“出落ち”なんですけど、真剣にやったんですよ。最後はサーモンとくっついて終わるという。卒業するまで“魚の子ですよね”って言われてました」と笑って振り返る。その冷凍マグロは、今や脂の乗った清純派女優。TBSの看板枠「日曜劇場」を背負っている。

 ドラマは太平洋戦争中の広島・呉を舞台に、ヒロイン・浦野すずが戦禍にさらされながらも、明るく前向きに生きる姿を描く。15日の初回放送後、SNSなどに「すずそのもの」と原作ファンらが高評価する声が相次いだ。特に心をつかんだのは、度々ある「ぽーっ」とするシーンだ。

 「私も気を抜いたらぽーっとしちゃうところがあるんです。しゃべる速度も速い方じゃないので、スピード感も似てる。あまり無理してないですね」。言葉を探しながらゆっくり話す姿は、確かにおっとりした印象。相手をリラックスさせる空気感を備えている。

 主演の重圧よりも、支えられていると実感することが多い。最近も酷暑の中、段々畑での撮影の時に感じた。「春の設定だと結構着込んでて暑いんです。そうしたら、照明さんが“大丈夫?”と声を掛けてくださった。皆さんも大変なのに。だから、関わる全ての方があっての作品だと思う」。

 夫役で共演する松坂桃李(29)も、撮影のない日に「体調はどう?」と連絡をくれる。だから自分はできることを精いっぱいやる。撮影前から、犬の散歩や出掛ける時は、下駄(げた)を履いて慣れようとした。戦時下の人々の暮らしに合わせて、日頃から洋菓子を断った。すずも周囲の人に支えられて生きる女性。役柄そのままに、たくさんの人に愛されて演じている。

 「特別な仕事をしたい」とこの世界に飛び込んだのは、大阪の高校に通っていた17歳の時。進路を決める時期にハマっていたのが、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」。演劇部で活動していたこともあり、自然な流れで現在の所属事務所のオーディションに応募し合格。15年にデビューし、昨年は朝ドラの「ひよっこ」に“メガネっ子”の澄子役で出演を果たした。

 大きな財産になったのは演劇部での活動。「声優や女優を目指してる子など、個性的な人が多くて刺激的でした。自衛隊オタクの人は、実際に自衛隊に入ったんですよ」。

 素直に楽しいから演劇をやっていた。「変わり者って周りから見たらダサいと思われる。でも本人たちは恥ずかしいと思ってないし、好きなものを好きって言っているだけ。好きって言える場所で過ごした時間は、かけがえのないものだったと思います」。言葉の端々に、自分の行動に対する信念が見える。

 強い心も魅力だ。高校の卒業から半年後に上京。事務所側と話し合いがなかなか進まず、「自分で準備します」と引っ越した。

 「大阪に残る選択肢はなかったんです。東京に出なきゃ仕事はないと思ってたので」。

 本人からしてみれば「当たり前のこと」だった。

 ゴールデン帯のドラマで主演を張っても、気持ちはまだスタート地点。「向いてるとか向いてないとか判断するにはまだ早過ぎる。まだ何もやってない。正直、楽しい楽しくないも分からずに走っているという感じですね。余裕はないです」。

 清々(すがすが)しいほど殊勝に話す。このまま真っすぐ、極上の大トロのような女優に育ってほしい。

 ◇松本 穂香(まつもと・ほのか)1997年(平9)2月5日生まれ、大阪府出身の21歳。15年に短編映画「MY NAME」でデビュー。昨年の朝ドラ「ひよっこ」で知名度を高め、出演中のauのCM「意識高すぎ!高杉くん」も話題。出演映画「あの頃、君を追いかけた」が10月5日公開。1メートル62、血液型O。

7/29(日) 9:40
スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000071-spnannex-ent


8:  2018/07/30(月) 10:17:28.15 ID:exmtUwJw0.net
>>1
鼻しか目に入ってこない


53:  2018/07/30(月) 11:28:08.29 ID:JMuv9iy00.net
>>1
鼻があかん

能年玲奈でやってほしかった


続きを読む

1:  2018/07/20(金) 12:57:06.21 ID:CAP_USER9.net
今年3月31日をもって所属していたライジングプロダクションとの契約が終了した女優の西内まりや(24)が20日、自身のインスタグラムを更新。
改めて、同事務所と契約満了となったことを報告し、今後について「実は一度、表現する道を歩む事を諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました」と再始動に意欲を示している。

「お久しぶりです。私、西内まりやは、2018年3月31日をもって株式会社ライジングプロ・ホールディングスとの契約が満了となりました事をご報告致します」と発表した西内。
「これまで育てて下さった事務所関係者の皆様、そして応援して下さる皆様に心から感謝しております」と心境を述べ「突然更新や活動が止まってしまいご心配をおかけし、そしてご報告が遅くなってしまい本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

今後については「実は一度、表現する道を歩む事を諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました。一歩ずつ精進していこうと思っておりますので、今後とも応援よろしくお願い致します」と決意をつづっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000352-oric-ent

西内まりや


4:  2018/07/20(金) 12:57:44.91 ID:TqEVZDVS0.net
年末に蝶野とビンタ対決な


263:  2018/07/20(金) 13:51:50.20 ID:t/BJoDWS0.net
>>4
この手の汚れ仕事を受けられるかどうかだな


続きを読む

1:  2018/07/10(火) 07:14:37.78 ID:CAP_USER9.net
女優の前田敦子(27)が、日本とウズベキスタンの合作映画「旅のおわり、世界のはじまり」(来年公開)に主演する。

両国の国交樹立25周年を記念した作品で、黒沢清監督(62)の最新作。
4月30日から1カ月間、全てウズベキスタンで撮影。
前田は長編映画で初めて海外オールロケに挑んだ。

バラエティー番組の取材で同国を訪れたリポーターが、現地の人々との交流によって新しい世界を開き成長する物語。
首都タシケントにあり日本人が建設に関わったナボイ劇場や、古都サマルカンドなどで撮影した。

黒沢監督作品には14年の「Seventh Code」、昨年の「散歩する侵略者」に続く出演。
2人がタッグを組む予定だった日中合作映画「一九〇五」が13年に製作中止になった経緯があり「黒沢監督の作品で主演を務めるのは、私にとって一番の夢でした」と大喜び。
ウズベキスタンを訪れたのは初めてで「驚くほど良いところ。街の人たちも本当にいい人で、言葉が通じなくてもこの国なら生きていけると異国で初めて思いました」と満喫した。

黒沢監督は前田について「カメラに写ると他の何物にも似ていない強烈な個性を発揮します。いやはや日本にも、もの凄い女優が出現しました」と絶賛している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000059-spnannex-ent

主演映画「旅のおわり、世界のはじまり」撮影終了後、現地のエキストラに囲まれ「かわいい」とキスされる前田敦子

黒沢清監督と前田敦子



元AKB48 前田敦子




3:  2018/07/10(火) 07:15:47.23 ID:n99VfqtJK.net
流石国民的グループ


7:  2018/07/10(火) 07:17:16.35 ID:28yqoaOF0.net
川栄のが全て上にいったけどな


続きを読む

このページのトップヘ