カテゴリ: サッカー

1:  2018/07/17(火) 21:01:57.31 ID:CAP_USER9.net
 元メジャーリーガーの松井秀喜さんが17日、千葉県浦安市内で開かれた住友生命の新型保険「Vitality」の発表会に登場。親子でスポーツをする重要性を説いた松井さんに「子供とスポーツはしますか?」と質問があった。松井さんは「たまにはしますけれども。残念ながら(今は)野球に興味がないみたいで、どちらかと言えば、サッカーボールを蹴っています。(サッカーに取られそうで)危ないなあ。何とかキャッチボールはしたい」とぼやくも、子供の将来について「僕の子なので、サッカーセンスはないと思います」と即答し、笑いを誘っていた。

 この日の発表会には、俳優の瑛太さん、フィギュアスケーターの浅田真央さんと姉の舞さん、元新体操日本代表でスポーツキャスターの畠山愛理さん、元サッカー日本代表の福西崇史さんも登場した。

 Vitalityは、保険と健康増進プログラムを連動させて、プログラムの成果で保険料が変化する新型保険。南アフリカの金融サービス会社ディスカバリーが開発し、日本では住友生命、ソフトバンク、ディスカバリーの3社が協力して展開する。



21:  2018/07/17(火) 21:08:46.86 ID:CYiWPhOf0.net
>>1
さすが松井
子供の人格を尊重してる
それにひきかえ、星一徹ときたら。。


212:  2018/07/17(火) 22:03:00.71 ID:pa4eu5830.net
>>1
野球にしてもサッカーにしても住宅街の公園でやらないこと
キャッチボールやキックの練習も音が出るからやらないこと

自治体は専用のグラウンドとかを作って住宅街から隔離して遊ばせるようにするべき


続きを読む

1:  2018/07/18(水) 09:11:52.53 ID:CAP_USER9.net
 サッカーの本田圭佑選手が米俳優ウィル・スミス氏と組み、月内にベンチャーファンドを設立する。日本で約1億ドル(約110億円)を集め米国を中心に創業したての有力スタートアップ企業に投資する。両氏の人脈を活用して、これまで日本からはアプローチが困難だったスター企業の卵を発掘する。

 名称は「ドリーマーズ・ファンド」。野村ホールディングスも参画し、日本の機関投資家や大口の個人投資家から資金を募る。企業価値…

この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3306470017072018MM8000/


2:  2018/07/18(水) 09:12:36.68 ID:z2H8Rlne0.net
ウィルスミスは何やってるんだ

本当にオワコン


144:  2018/07/18(水) 09:57:06.87 ID:3e7cUGKD0.net
>>2
本田というスターに乗っかる落ちぶれスミスw


続きを読む

1:  2018/07/16(月) 16:09:24.69 ID:CAP_USER9.net
日本代表MF本田圭佑は、昨季所属したパチューカの退団を示唆し、現在はフリーの立場となっている。新シーズンの所属先に注目が集まるなか、オーストラリアメディアが「ケイスケ・ホンダがAリーグのレーダーに戻ってきた」と言及。メルボルン・ビクトリーが獲得を狙っていることを報じている。

 本田は昨季、セリエAの名門ACミランからパチューカに移籍。後期リーグにはチームトップの7得点7アシストをマークし、チームの攻撃を牽引した。ロシア・ワールドカップ(W杯)にも日本代表の一員として出場し、日本人初の3大会連続ゴールを決めるなどベスト16進出に大きく貢献した。

 本田はレギュラーシーズン終了後にパチューカ退団を示唆するツイートを行い、6月末で契約満了。現在はフリーの立場となっており、その去就に注目が集まるなか、オーストラリアテレビ局「SBS」のスポーツ番組「The World Game」が「ビクトリーが数百万ドルの入札でホンダを口説く」と特集を組んだ。

 記事では、「日本の偉大なケイスケ・ホンダはAリーグのレーダーに戻ってきた」と切り出し、「メルボルン・ビクトリーはカリスマ的プレーメーカーを数百万ドル(数億円)のマーキー契約でAAMIパークに連れて来ることを望んでいる」と報じている。

Aリーグのオルーク会長は先月に「我々は諦めない」と言及

 メルボルン・ビクトリーは国内リーグ優勝3回を誇る強豪だ。Aリーグはサラリーキャップ制度を導入し、チーム全員の年俸合計額が日本円にして約1億7000万円以下と定められているが、各クラブともその制限を受けない「マーキープレーヤー」を1名獲得することが可能。今年5月には、オーストラリアサッカー連盟選出の“マーキープレーヤー”の候補6人に名前が挙がったと報じられていたが、今回具体的なクラブ名が浮上した格好だ。

 記事によれば、Aリーグのグレッグ・オルーク会長は先月、「我々はホンダ陣営と交渉を続けている。彼が実際に他のチームと契約するまで我々は諦めないだろう」と話していたという。果たして、本田はオーストラリアを新たな挑戦の場に選ぶのだろうか。

7/16(月) 15:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180716-00122362-soccermzw-socc

写真


2:  2018/07/16(月) 16:10:10.94 ID:A776WEml0.net
OhNo


4:  2018/07/16(月) 16:11:49.52 ID:IDXU3LIR0.net
はいはいエア移籍エア移籍


続きを読む

1:  2018/07/15(日) 09:38:01.13 ID:CAP_USER9.net
日本サッカー協会が、日本代表のロシアW杯終了後、次期代表監督の有力候補に挙げていたフランス人のアーセン・ベンゲル氏(68)と接触し、話し合いが決裂していたことが14日、分かった。

既に前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)とも破談。協会内にはW杯の結果を受けて日本人監督を推す声が多く、現状ではU―21日本代表の森保一監督(49)のA代表との兼任案が、20日の技術委員会で諮られる。

 日本協会関係者とベンゲル氏は、日本代表がロシアW杯で16強敗退後、モスクワで極秘に接触した。同氏は昨季限りで22年間指揮したプレミアリーグの強豪アーセナルの監督を退任し、招聘(しょうへい)のチャンスではあった。過去にJリーグの名古屋を率い、トルシエ元監督を紹介するなど日本サッカーを理解し、つながりもある。W杯前から水面下で意向を調査し、就任の可能性を探り直接話し合ったが、条件面で合意に至らなかった。

 日本協会では既に、もう一人の外国人候補だったクリンスマン氏と破談。外国人監督の売り込みもあるが、技術委員の中には、対話と日本人の持ち味を生かし下馬評を覆して16強入りした西野朗監督(63)の路線を継続するため、日本人指揮官に22年カタールW杯への道を託そうという声が多い。複数の委員からは「日本人がやる時代。このタイミングなら森保さんしかいない」「委員会では日本人を推す」「世界で勝つことを考えると外国人の方がいいとは思うが、日本人でも問題はない」などの意見がある。そのため、20日の技術委員会では、ロシアW杯でA代表のコーチを務めたU―21代表の森保監督の兼任が最有力案となる。

 技術委員会では4月に一度、ロシアW杯後の日本人監督路線を確認したが、その後、一部委員から外国人も含め幅広く候補者を探すべきとの意見が出たため、外国人指導者を複数リストアップした。だが、合意に至った候補者がおらず、日本人監督案に回帰することになった。

 ただ、ほかの外国人候補を推す可能性のある委員もおり、2つの代表カテゴリーを指揮する森保氏の負担が大きいなどの声もあるため、技術委員会で最終調整する方針。ある技術委員は「最後は関塚(隆)委員長に一任という形で、田嶋会長と話して決めるだろう」と話す。田嶋幸三会長(60)は7月中に新監督を決めたい方針で、森保氏本人の意向も含め課題が解消できれば、理事会に推挙される見込みだ。

スポーツ報知 7/15(日) 6:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000315-sph-socc

写真


2018/07/15(日) 06:17:54.53
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531603074/


45:  2018/07/15(日) 09:54:50.13 ID:1zTOSoxE0.net
>>1
ベンゲルはトルシエを紹介してないぞ

紹介したのはフランスサッカー協会
その後決定前にトルシエについてベンゲルに相談しただけ


報知は嘘書くな


120:  2018/07/15(日) 10:24:53.11 ID:iTEov8XS0.net
>>1

ベンゲルは「日本サッカー協会の永遠の恋人」ってことで終わりそうだなあ・・・


続きを読む

1:  2018/07/12(木) 16:08:59.23 ID:CAP_USER9.net
「目の前で選手が群れになって…」

【7月11日・モスクワ|準決勝 クロアチア 2(延長)1 イングランド】

 クロアチアが初の決勝進出を果たしたイングランドとの一戦、マンジュキッチによる決勝点は109分に生まれた。ペリシッチのヘッドでのラストパスで抜け出したストライカーは、左足で名手ピックフォードの牙城を崩し、延長後半で逆転に成功したのである。

 苦しんで追いついてからの勝ち越しに、選手は喜びを爆発。スタンドのサポーターとこれを分かち合おうと駆け出したマンジュキッチを、ピッチ上のチームメイトはもちろん、サブの選手までが追いかけ、ゴール裏の左端に大きな歓喜の輪ができ上がった。

 そして多くの選手が一斉に抱きついたことで、マンジュキッチらが倒れると、その先にはカメラマンの姿が……。熱戦を撮影していた彼は、選手たちの“下敷き”となってしまった。

 すると、喜び合っていた選手たちは慌ててこのカメラマンを抱き起こし、CBのヴィーダは何やら話しかけて彼の頭にキス。他の選手もカメラマンを気遣い、マンジュキッチは怪我をしていないかどうかを確認してから、握手を交わした。

 テレビカメラにもこの様子がしっかり捉えられたことで、一躍話題となったこの“受難”のカメラマンは、フランスの通信社「AFP」のメキシコ支社に所属するユーリ・コルテス氏。彼は試合後、この出来事の詳細を次のように明かしている。

「クロアチアの選手が私の前にやって来て、“群れ”になったんだ。そして、そこにベンチからの選手が加わると、私のところに倒れてきた。私は椅子ごと自分の機材の上に倒れてしまったが、そのままの状態で、手に持った400ミリの望遠レンズをつけたカメラのシャッターを押し続けたんだ」

「選手はみんな、私に大丈夫か聞いてきて、ある選手は落ちていた眼鏡を拾って渡してくれた」とクロアチアの選手たちが丁寧に接してくれたことも紹介したコルテス氏。自身4度目のW杯取材という彼は、「こんなことは初めてだよ」とも語った。

 ちなみに、倒れた状態で撮り続けた至近距離でのクロアチアの歓喜の姿は、SNSなどを通しても世界中に拡散されている。災難といえば災難だが、怪我もなく、最高の瞬間を“特等席”で撮影し、さらに選手と試合中に触れ合えたのだから、結果的にはコルテス氏はラッキーだったと言えるかも(?)。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180712-00043864-sdigestw-socc


34:  2018/07/12(木) 16:29:59.28 ID:Pk4f8Baz0.net
>>1
これ見てて試合よりも印象残ったわw


3:  2018/07/12(木) 16:10:04.65 ID:CIYlBQWg0.net
キスされとったな


続きを読む

このページのトップヘ