カテゴリ: サッカー

1:  2019/03/04(月) 06:40:13.30 ID:io7Dyk9n9.net
21日放送のテレビ朝日系バラエティー「アメトーーク!」(木曜午後11時20分)で「生きる伝説!! ケイスケホンダ芸人」と題し、サッカー本田圭佑を特集することが3日、分かった。

【写真】「アメトーーク 生きる伝説!! ケイスケホンダ芸人」に出演する、アンタッチャブル山崎弘也ら

スポーツ選手を取り上げる企画としては大谷翔平、松坂大輔に続く3人目で、サッカー選手としては初となる。司会は雨上がり決死隊、ゲストは土田晃之、ペナルティワッキー、じゅんいちダビッドソン、山崎弘也ら。選手としての名プレーや人間的魅力に迫るほか、何かと話題を集める“本田語録”も紹介。プライベートで親交の深いじゅんいちは、本田の知られざる一面を明かす。21日は「家電芸人」など人気企画を集めた「ゴールデン3時間SP」(午後7時)も放送。

3/4(月) 6:00配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-03030574-nksports-ent


7:  2019/03/04(月) 06:44:11.07 ID:m+kLUEb90.net
待望のサッカー企画来たああああ

これはいつもより5%アップは固い


6:  2019/03/04(月) 06:42:34.80 ID:Zbo4TMQa0.net
きよきよしい企画だな


続きを読む

1:  2019/02/15(金) 06:37:51.18 ID:7UihB2XJ9.net
平均年俸が2800万円前後だと考えれば…

いよいよJ1リーグ開幕まで1週間を切った。木曜日には「キックオフカンファレンス」が都内で開催され、
18チームの監督や主力選手が新シーズンに向けた熱き想いを大いに語り、ファンの期待とボルテージも高まるばかりだ。

開幕前の恒例と言えば、サッカーダイジェストが総力を結集して毎年作成している「Jリーグ名鑑」が絶賛発売中だ。
今回はそこから、ユニークなデータを抽出して紹介しよう。J1リーガーたちの「愛車ランキング」である。

誌面では掲載された571選手に、さまざまな質問をアンケート形式でぶつけている。
そのなかのひとつが「愛車」で、全回答数は264人。集計の結果、メーカー・ランキングのトップ10は以下の通りとなった。

1位 トヨタ 57人
2位 メルセデス・ベンツ 56人
3位 アウディ 30人
4位 BMW 24人
5位 ポルシェ 18人
6位 レクサス 15人
7位 ローバー 12人
8位 マツダ 11人
9位 日産 10人
10位 ジープ 5人

5年ほど前まではベンツがダントツの首位で、アウディやローバーがそれに続く順位だったが、2019年版の集計では僅差でトヨタが1位に輝いた。
派生ブランドであるレクサスの15票を足せばさらに差は広がるが、意外にも国産メーカーが最大勢力となったのだ。

車種別で見るとベンツのゲレンデヴァーゲン(Gクラス)が依然としてもっとも人気が高く、日本代表クラスや高年俸のベテランたちが好んでチョイスしている。
レンジorランドローバーが2番手なのも継続している傾向だ。だがその後はトヨタのハリアー、同じくトヨタのプリウスが上位に食い込んでいる。
もちろん収入=年俸との兼ね合いになるのだろうが、トヨタ車を選んでいる選手の大半が20代前半から半ばで、コスパやエコ、燃費を重視しているのが分かる。

世間では若者の“クルマ離れ”が進んでいるが、その価値観はJリーグでも同様なのだろう。J1リーガーの平均年俸が2800万円前後であることを考えれば、もっと愛車にお金をかけても良さそうなものだが、
嗜好が変わったとも、堅実に貯蓄する選手が増えたとも判断できる。クラブによっては、専属のファイナンシャル・プランナーが選手にアドバイスする時代だ。そんな合理的な選択が、「トヨタ1位」という結果に繋がったのかもしれない。

お気に入りのJ1リーガーたちがどのクルマに乗っているのかは、ぜひとも「Jリーグ名鑑」の最新版でチェックしていただきたい!

2/15(金) 5:22配信  サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054152-sdigestw-socc

写真


8:  2019/02/15(金) 06:43:02.81 ID:knVzTjE90.net
228P2016/08/08(月) 10:35:33.93ID:p6IQ3mGF0

U-23代表選手の愛車一覧
遠藤/レクサスRX450h
浅野/マツダCX-3
藤春/ベンツE63AMG
興梠/ポルシェ911
矢島/アクアGs
植田/キャデラックエスカレード
塩谷/アウディQ5
井手口/トヨタランクル
中村/日産エクストレイル
室屋/ トヨタハリアー
中島/自転車


24:  2019/02/15(金) 06:49:33.21 ID:Y5Z+CEwz0.net
>>8
最後wwwwwwwwwww


続きを読む

1:  2019/02/11(月) 22:58:07.42 ID:wwZHQ6Y19.net
横浜Cで元日本代表FW三浦知良(51)が、11日放送の日本テレビ系「今だから話します!平成最後にアスリート初告白SP」(後7時)にビデオ出演。
1998年サッカーW杯フランス大会直前に代表落選した当時を、北澤豪氏(50、スポーツ報知評論家)と振り返った。

三浦はW杯本大会のスイス直前合宿で、北澤氏、市川大祐氏(38)とともに最終メンバーから漏れた。
帰国する途中イタリアを経由し、髪を金髪に染め上げた姿で帰国した三浦は、帰国直後に成田国際空港で行われた会見で「日本代表としての誇り、魂みたいなものは向こうに置いてきた」とコメントした。

30年来の付き合いという北澤氏は、三浦の“名言”がずっと気になっていたという。あのコメントについて「準備していたんですか?」と質問した。

三浦は「しているわけない。何の質問が来るか分からない」と笑顔で返答。北澤氏は「あれ瞬発力ですか」と驚いた。

続いて「絶対に人のことは言っちゃいけない。自分のことだけ。俺らが応援していないなんていったら、今までやってきた仲間がいるんだから。それでああいう言葉になった」と当時の心境を告白。
そのうえで「今(あの会見)見ると、きーちゃん顔怖いもんね」と北澤に突っ込んだ。

北澤氏は「あの時、自分1人だけだったら、その後どうなっていたかなって思う。(サッカーが)嫌になっているというか、頑張っていた分。
カズさんと一緒に居られたからこそ、前向きにサッカーに向き合えた」と、“キング”に感謝した。

2/11(月) 22:44配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000227-sph-ent

写真


2:  2019/02/11(月) 22:59:18.04 ID:/cHKQwYG0.net
ラモスが


3:  2019/02/11(月) 22:59:55.28 ID:bUKdLx6E0.net
↓武田が


続きを読む

1:  2019/02/12(火) 18:42:12.23 ID:jPJEdesG9.net
欧州サッカー連盟の公式サイト「UEFA.com」は11日、「ヨーロッパで最も成功している日本人選手は誰か」というテーマで、UEFAの主要大会における日本人選手たちのランキングを掲載した。
UEFA主催大会の通算試合出場数や得点数などが発表され、さまざまなプレーヤーが名を連ねた。

UEFA公式が発表「全4部門の日本人選手ランキングTOP10」
 UEFA公式サイトが発表した4部門の日本人選手ランキングTOP10は以下のとおり。

■CL・通算出場試合数
1位 香川真司(ドルトムント、マンチェスター・U) 33試合
2位 内田篤人(シャルケ) 31試合
3位 中村俊輔(セルティック) 19試合

■CL・通算得点数
1位 香川真司(ドルトムント、マンチェスター・U) 4得点
2位 本田圭佑(CSKAモスクワ) 3得点
3位 久保裕也(ヤングボーイズ) 2得点
3位 中村俊輔(セルティック) 2得点
3位 南野拓実(ザルツブルク) 2得点
3位 小野伸二(フェイエノールト) 2得点
■UEFA主催大会・通算出場試合数
1位 香川真司(ドルトムント、マンチェスター・U) 53試合
2位 内田篤人(シャルケ) 40試合
3位 中田英寿(ペルージャ、ローマ、パルマ、ボルトン) 33試合

■UEFA主催大会・通算得点数
1位 香川真司(ドルトムント、マンチェスター・U) 11得点
2位 南野拓実(ザルツブルク) 9得点
3位 本田圭佑(CSKAモスクワ) 5得点
3位 稲本潤一(アーセナル、ガラタサライ) 5得点
3位 小野伸二(フェイエノールト) 5得点
3位 和久井秀俊(ノーメ・カリュ) 5得点

まずは、前身の欧州チャンピオンズカップも含めたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)に最も出場した選手ランキング。
1位に輝いたのは、ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドで出場した経験を持つMF香川真司(現・ベジクタシュ)で33試合だった。2位にはシャルケで31試合に出場したDF内田篤人(現・鹿島アントラーズ)。
3位にはセルティックで一時代を築いたMF中村俊輔(現・ジュビロ磐田)が19試合でランクインした。続いて4位にガラタサライのDF長友佑都で15試合、5位にはCSKAモスクワ時代にCLに出場したMF本田圭佑(現メルボルン・ビクトリー)
とフェイエノールトで出場したMF小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)が11試合で並んだ。

 これがUEFAの主要大会すべての出場数となると、新たな名前が加わってくる。1位の香川、2位の内田は変わらなかったが、3位にはペルージャやローマ、パルマ、ボルトンでプレーした元日本代表MF中田英寿が33試合でランクイン。
また5位には、日本代表の中心として活躍する長友やザルツブルクFW南野拓実を抑えて、ルーマニアリーグのアストラ・ジュルジュで活躍したMF瀬戸貴幸(現・FK RFS)が入っている。

続いてCLで最も得点を奪った選手のランキングでは、4得点で香川がトップとなり、2位には3得点の本田が入った。そこにユナイテッド戦の直接FK弾が印象的な中村、ヤングボーイズでプレーしたFW久保裕也、南野、小野の4人が2ゴールで続いた。
これがUEFAの主要大会すべての得点ランキングとなると、1位は香川の11得点、アジアカップでの活躍が記憶に新しい南野が9得点で2位となった。ちなみに5得点の3位には4人がランクイン。
本田と小野に加えて、アーセナルやフルハム、ガラタサライでも出場した経験があるMF稲本潤一、エストニアリーグのノーメ・カリュFCに所属していたMF和久井秀俊(現タリナ・カレフ)が入った。

これだけの日本人選手がいるなかで、すべてのランキングでトップに輝いた香川。記事の最後には、UEFA主催大会で初めてタイトルを獲得した日本人選手として、
02年にUEFAカップ(現・UEFAヨーロッパリーグ)を制した小野の名前を挙げていたが、上記のテーマを踏まえれば、香川こそが欧州で最も成功した日本人と言えるだろう。

2/12(火) 17:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00170037-soccermzw-socc

写真


5:  2019/02/12(火) 18:44:05.87 ID:vtEA/ISt0.net
意外と南野頑張ってるな


8:  2019/02/12(火) 18:45:18.70 ID:E5H7DjOy0.net
なにげに南野すげーな


続きを読む

1:  2019/02/02(土) 00:52:03.96 ID:qdhJgDLN9.net
日本代表、準優勝!

2019/2/1(金)23:00
ザイード スポーツ シティ スタジアム
アジアカップ 決勝

日本 1-3 カタール


https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019020101


5:  2019/02/02(土) 00:52:10.59 ID:GOTflX1E0.net
まあ、しゃあない

本当に大事なのはW杯とその予選だよ
切り替えていこう


13:  2019/02/02(土) 00:52:17.86 ID:SA+i+MVR0.net
サッカーの終盤での2点差って絶望だな
野球なら9回2アウトで2点差でも一発同点あるのに


続きを読む

このページのトップヘ