カテゴリ: 狼・雑談

1:  2018/12/28(金) 11:05:30.61 0.net 


2:  2018/12/28(金) 11:07:07.96 0.net 
そなの?


23:  2018/12/28(金) 11:12:09.53 0.net 
紅白には出るが
映像は出すな

何がしたいんだ


続きを読む

1:  2018/12/20(木) 14:47:16.26 0.net 
幽霊の正体は何なのか 研究者が一つの有力な解釈

ウォール・ストリート・ジャーナル

 ハロウィーンの真夜中。秋の枯れ葉が足元を舞う中をあなたは人っ子ひとりいない墓地を歩いている。突然、不可解ながら絶対的な確信をもって、
傍らに見えない存在をあなたは感じる。それは幽霊なのか? 悪魔なのか? それとも、それは前頭頭頂皮質の中の体性感覚運動統合における非同期性にすぎないのか?

 ジュネーブ大学病院のオラフ・ブランケ博士とそのチームが2014年に学術誌「カレント・バイオロジー(現代生物学)」に掲載した論文は、最後の説明、つまり「体性感覚運動統合における非同期性」説を支持している。
何千年にもわたって人々は、近くに目に見えない人がいるのを生き生きと経験したと報告してきた。研究者たちはそれを「feeling of presence.(存在の感覚)」と呼んでいる。
それはわれわれのどの人にも起こり得る。世論調査機関ピューの調査では、幽霊に出会った経験したと述べた米国人は全体の18%に達している。

 しかし特別の種類の脳損傷を持つ患者は、とりわけこの経験をする公算が大きい。研究者チームは、これらの患者の前頭頭頂皮質の特定分野が損傷を受けていることを突き止めた。
われわれに自らの身体を感じさせるのと同じ脳分野だ。

 これらの研究結果は、別の人の存在という神秘的な感覚が、同様に神秘的なわれわれ自身の存在の感覚に連結しているのかもしれないことを示唆している。わたしの体の内部に「わたし」が住んでいるという、
あの絶対的な確実性だ。脳損傷のない沢山の人々は、幽霊の存在を感じたことがあると述べている。そこで、研究者たちは、肉体から遊離した亡霊を普通の人々に組織的に経験させられるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/h


2:  2018/12/20(木) 14:51:39.34 0.net 
俺の母親も晩年
誰もいないのに
親戚来たとか言ってお茶出してた


121:  2018/12/20(木) 19:56:33.13 0.net 
>>2
母ちゃんには見える(存在する)からしょうがない
幽霊がいるのはその人だけの事で他人には居ない


続きを読む

1:  2018/12/07(金) 15:04:43.09 0.net 


2:  2018/12/07(金) 15:05:36.52 0.net 
瞑想してるなwwww


3:  2018/12/07(金) 15:05:36.91 0.net 
オージー絶句


続きを読む

1:  2018/11/02(金) 16:03:22.52 0.net 
チョコチップクッキー
バタークッキー
それぞれ15枚→9枚に減った模様
減量理由
昨今の単身世帯や夫婦世帯の増加など、1世帯当たりの人数減少を背景とした食べきりサイズ商品や小分け商品へのニーズに対応し、分包装形態で利便性を高めました。

ブルボン、「チョコチップクッキー」と「バタークッキー」を食べきり対応の分包装で10月23日(火)に新登場!
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181018/prl1810181303083-n1.htm


7:  2018/11/02(金) 16:10:25.33 0.net 
値段は据え置きwww


4:  2018/11/02(金) 16:09:00.60 0.net 
小分けにして量はそのままにしろよ


続きを読む

1:  2018/10/28(日) 19:39:55.69 0.net 




34:  2018/10/28(日) 21:27:21.09 0.net 
まあ苦笑いするしかないわな


26:  2018/10/28(日) 20:19:22.82 0.net 
これ池袋か


続きを読む

このページのトップヘ