カテゴリ: 野球

1:  2021/12/23(木) 19:29:31.82 ID:CAP_USER9.net
12/23(木) 19:19
スポニチアネックス

新庄ビッグボスが作った“3頭身ボス”スタンプにファン「ビックリマンチョコのシールみたい!」
日本ハム・新庄剛志監督
 日本ハムのビッグボスこと新庄剛志監督(49)が23日、自身のインスタグラムを更新。日本ハム新監督就任会見で着たド派手なスーツにビシッと立てた大きな襟、ビッグボスポーズを表現した“3頭身ボス”のスタンプを作ったことを報告した。

 新庄監督は「こんなスタンプ作ってみました」とのメッセージとともに公式LINEスタンプの画像を投稿。ビッグボスポーズのスタンプの後ろの赤い背景にはさまざまポーズを取った“3頭身ボス”が透けて見えた。

 フォロワーからは「使わせて頂きまーす」「可愛いですね〜」「手がアロハに直ってる」「買う!」「ビックリマンチョコのシールみたい!」「やっぱり襟が決め手」「会見の時のですね」などの声が寄せられていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f44443898a850b210e055f73fb6f80ff08760d5

【写真】“3頭身ボス”のスタンプ


2:  2021/12/23(木) 19:33:42.46 ID:LpJ9fyt10.net
日ハムファンでもこんなん要らんやろ…


14:  2021/12/23(木) 20:17:09.89 ID:1fhgvPeF0.net
こういうの事務所がやってるんだろ


続きを読む

1:  2021/12/12(日) 00:52:14.69 ID:CAP_USER9.net
侍ジャパン栗山英樹監督 野村監督に「近づけるようにしっかりやる」


日本ハム前監督で侍ジャパンの監督に就任した栗山英樹氏(60)が11日、神宮で行われた「野村克也をしのぶ会」に参列した。

現役最終年の90年に野村氏がヤクルト監督に就任。薫陶を受けた。

「組織は大将の器の分しか大きくならないんだということは、ずっと言われ続けてきた。頭の中では分かっていても、やり切るのは難しいんだなというのが実感。足元にも及ばないですけど、近づけるようにしっかりやっていきます」。


日の丸を背負って戦う次のステージも見据えて「僕なんか本当に1回も褒められることはなかったので、いつか『ようやったな』って思ってもらえるように最後まで全力でやります」と、心を新たにしていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1bff60712e6ea4d1d26621111000ab7bbe67f7c4


5:  2021/12/12(日) 00:56:33.19 ID:JJ6gML7U0.net
ノムさん栗山があかんから飯田をセンターにしたんだっけ?


29:  2021/12/12(日) 06:34:19.21 ID:T1NQ/I4A0.net
>>5
メニエール病で引退した


続きを読む

1:  2021/12/09(木) 22:40:23.31 ID:CAP_USER9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f83ed0cd671f89cd7c8e67b0fb389fd630eb1e3

阪神残留の梅野、矢野監督と“手打ち”も周囲は同情 球団OB「理想とする立ち居振る舞いをせよと遠回しに…」


 国内フリーエージェント権(FA)を行使せずに残留した阪神・梅野隆太郎捕手(30)。残留決断のタイミングで矢野燿大監督(52)と?手打ち?を済ませたというが、明るい未来は待っているのか。

 7日に球団事務所で、5000万円増となる年俸1億6000万円の3年契約で更改。球団フロントからはリーグ優勝に必要な人材であるとの言葉をかけられ「うれしかった。優勝をみんなで勝ち取りたい」と心境を語った。

 今季は130試合に出場し、東京五輪にも追加召集。ところが、権利行使のタイミングで指揮官からの残留ラブコールはかからず周囲に「寂しい」と漏らしていた。

 だが、親しい関係者によると、梅野が残留を決め、矢野監督に報告した際、「来年も一緒に優勝を目指そう」と前向きな声をかけられたという。シーズン最終盤やポストシーズンでは先発メンバーから外れたころは不信感を抱いたが、一応の手打ちで「気持ちを切り替えたようだ」と明かす。

 112試合に出場した2017年以降、レギュラーを張った梅野が今、敏感に感じ取っているのは、首脳陣が坂本誠志郎捕手(28)をグラウンド内外で担ぎ上げる流れを作っていることだ。先日も選手間投票とはいえ来季の主将に選出されたばかり。今後、チーム内で坂本の存在感が増すのは明白だ。

 球団OBは「梅野に対して矢野監督が理想とする立ち居振る舞いをせよと遠回しにいってるようなもの」と指摘する。

 来季4年目の矢野監督がまたもV逸すれば進退問題に発展するのは必至。「しっかり準備をしながら自信を持ったスタイルを曲げずに貫いてほしい」とエールを送る。

 残留したからには今まで以上に圧倒的な結果でポジションを守るしかない。=金額は推定


3:  2021/12/09(木) 22:48:54.79 ID:DXzzF7f60.net
リュウがメダル係に就任してくれるなら助かる


2:  2021/12/09(木) 22:46:48.62 ID:RLFs2zi90.net
あの時点で坂本を選んだのは間違いじゃなかっただろ


続きを読む

1:  2021/12/05(日) 07:16:50.47 ID:CAP_USER9.net
※2021年12月04日 15:29

西武は4日、メットライフドームでは3年ぶりとなるファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA 2021」を開催。今季限りで現役を引退した松坂大輔さん(41)も参加し「~時代を創った男達~」と題して松井稼頭央来季1軍ヘッドコーチ(46)とステージトークショーを行った。

 現役時代の後悔について、松坂さんは「僕は寮を出て、すぐ東京にマンションを借りて住んでたんですけど」と切り出し、「もう少しメットライフに近い所に住めばよかったな」と告白。「移動距離のことをちょっと考えていなくて、もう少し近い所に住めばよかったなと思って…」と思い返し、理由については「根が田舎者なのでやっぱ東京に憧れていたんですね」と口にした。

 松坂さんは1999年に西武へ入団して以降、松井来季1軍ヘッドコーチがメッツへ移籍するまでの4年間、弟分のようにかわいがられてきた。そして“兄貴”がメジャーに挑戦した04年から3年後の07年にメジャーへ。松井来季1軍ヘッドコーチの日本球界復帰まで4年間、ともに米国でのチャレンジを続けた。「僕の中ではスーパースターです。野手でやり直せるなら僕は稼頭央さんになりたい」「最も印象に残った投手は松坂大輔」と語るなど、チームメートを超えた関係を築いてきた。

続きは↓
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/04/kiji/20211204s00001173395000c.html?s=09


5:  2021/12/05(日) 07:18:49.84 ID:7gJfo8DA0.net
ゴルフおじさん


2:  2021/12/05(日) 07:18:09.53 ID:hXvezUJ50.net
年上の女子アナに食われることもなかった


続きを読む

1:  2021/12/01(水) 11:58:14.98 ID:CAP_USER9.net
MLBの今季の公式球に、飛ぶボールと飛ばないボールの2種類があったと、最新の専門家の調査で明らかになった。米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」が11月30日(日本時間12月1日)、伝えた。スポーツデータサイエンティストのメレディス・ウィリス博士が今季の公式球を調査し明らかになったもので、ボールのコア部分が軽い材質のものと、重い材質のものがあったという。

MLBでは2019年、本塁打が記録的ペースで量産され過去最高の6776本が記録された。それを受け、今季からボールのコア部分を軽い材質に変え、飛ばないボールの使用を開始すると発表していた。ところが実際には、コア部分が重い材質の古いボールも使われていたという。新しいボールは124~125グラム、古いボールは127グラムで、飛距離に差が出ることが実験で明らかになっている。

記事によると、MLBは今季、コロナ禍の影響で新球の製造が間に合わず、不足を避けるため古いボールも供給していたと説明しているという。選手会には2種類のボールが供給されていることを通達したとも説明しているが、10人の選手に確認したところ誰も知らなかったという。

飛ぶボールと飛ばないボールが各球団に同じ割合で供給されていたのかは不明で、偏りがあったとすれば公平さが保たれないとして、困惑の声も出ている。

日刊スポーツ 12/1(水) 9:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca1b50c34efbeebb97b4fa48f1381e703cfefa0e


56:  2021/12/01(水) 12:24:12.56 ID:M8zoOLE40.net
>>1
まあ変更時期はしょうがないんじゃね
全部で30球団あるしな
一斉に変えるとなると球だけで膨大な数が必要になる


138:  2021/12/01(水) 12:46:21.68 ID:M+dMzmf00.net
コロナ禍でボールの生産が追い付かないならしゃあないな


続きを読む

このページのトップヘ