カテゴリ: 音楽

1:  2022/05/16(月) 13:14:43 ID:CAP_USER9.net
5/16(月) 12:57
https://news.yahoo.co.jp/articles/740ac2dec836d7f23476503c436da35825d1a2a2

日本の人気ロックユニット・B’zの90年代を代表する楽曲『LOVE PHANTOM』。歌い始めまでは約80秒ほどあり、「イントロが長い曲」としても知られる。5月16日に放送された日本テレビ系の情報番組『スッキリ』は、若者世代の一部には楽曲を聴く際にギターソロやイントロを飛ばす人がいることを紹介し、同曲が取り上げられた。この「イントロ飛ばし」に対し様々な声が上がり、SNSでは「イントロ」「LOVE PHANTOM」がTwitterでトレンドになるなど活発な議論が生まれた。

そもそも、世代によっては同曲を知らない人もいる時代だ。

番組側が「イントロを飛ばす」という10代と20代の若者に『LOVE PHANTOM』を聴かせてその感想を聞いたところ、「飛ばしちゃっていいですか?」「長い!」などという声が寄せられていた。

一方、「イントロを飛ばさない」という10代の男性からは、「何のために音楽を聴いているのか。イントロとか全て含めて音楽の作品の一部」という意見もあった。

その他、20代の男性は「スピッツの『ロビンソン』はイントロこそが神(だから飛ばさない)」と語っていて、イントロに対する反応や考えは様々。「若者はイントロを飛ばす」と一概に言えない結果だった。

番組はその後、様々な年代の人気曲のイントロを検証して伝えていた。

取り上げられた曲を改めて確認すると、1980年代にリリースされた久保田早紀さんの『異邦人』は27秒、1990年代に発表された小田和正さんの『ラブ・ストーリーは突然に』は39秒あった。

Twitterでは「『LOVE PHANTOM』はイントロが良いんじゃん」「あれがあるから、歌い出しがかっこいいんだよ」「確かに、長くは感じる」と様々な声が上がった。

「うっせえわ」や「夜に駆ける」はイントロなし。映画も倍速で見る?
アーティストで京都精華大学で客員教授を務める高野寛さんは、番組の中で「サブスクの時代になって(イントロやギターソロを飛ばすことが)顕著になってきた。早く歌を聴きたいという人が多いのかもしれない」と最近の試聴傾向を分析。

それを踏まえ、番組では近年大ヒットを記録したAdoの『うっせえわ』やYOASOBIの『夜に駆ける』はいきなり歌い出しから入るため、イントロがないことも紹介された。

番組に出演した2人の若者にMCを務める加藤浩次さんがイントロを飛ばす理由を問うと、10代の男性は「すぐ自分の好きなところが聞きたい」などと回答していた。
加藤さんが「映画も倍速で観るのか」と問うと、10代の男性は「映画はいつも1.5倍速で観てます」とした一方、20代の女性は「自分は映画は飛ばさないです」と話していた。


4:  2022/05/16(月) 13:15:53 ID:KtJY2wZo0.net
いらない何も捨ててしまおう


6:  2022/05/16(月) 13:17:32 ID:z0RchsRP0.net
くだらない話だな
飛ばしてもいいし曲聞かなくてもいい
好みの問題


続きを読む

1:  2022/04/02(土) 19:47:39.26 ID:CAP_USER9.net
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/657003/

全国20~80代の男女を対象に「世界で通用すると思う日本人ベーシストは誰?」というアンケート調査を実施。
多くのベーシストがいる中で、「世界で通用する」と思われているのは誰だったのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう。

第1位:ハマ・オカモト
第2位:寺沢功一
第3位:亀田誠治
第4位:TAIJI
第5位:櫻井哲夫
第5位:TETSUYA
第7位:鳴瀬喜博
第7位:石川俊介(石川和尚)
第9位:MASAKI
第9位:JIRO

第11位:日野賢二
第11位:J(LUNA SEA)
第13位:人時
第13位:松井常松
第13位:細野晴臣
第13位:ENRIQUE
第13位:BOH
第18位:堀内 一史
第18位:村井研次郎
第18位:青木智仁
第18位:上原太
第18位:山内テツ

第1位は「ハマ・オカモト」さんでした。2008年に「ズットズレテルズ」を結成しました。その後、「OKAMOTO’S」のベーシストとして活動をスタート。2010年にメジャーデビューを果たします。その後は、フェンダー社と日本人初となるエンドースメント契約を結んだことでも話題となりました。

第2位は「寺沢功一」さんでした。1984年に「BLIZARD」のベーシストとしてデビュー。1994年には、LOUDNESSの樋口宗孝さんに誘われる形で「SLY」に加入しました。同年、ロサンゼルスのハードロックイベント「ファウンデーション・フォーラム」に参加します。サポート活動も、B’zなど多岐にわたっています。


54:  2022/04/02(土) 19:57:19.61 ID:bizpXX000.net
>>1
2位の人知らないけどスライってあのファンクの?


95:  2022/04/02(土) 20:09:54.70 ID:zPn0jwn00.net
>>1
沖山優司は?


続きを読む

1:  2021/11/25(木) 17:53:19.27 ID:CAP_USER9.net
11/25(木) 17:35配信
スポーツ報知

 ヒップホップグループ「RIP SLYME」を2017年9月に脱退していたことを明かしたPESが25日、自身のツイッターを更新。2019年5月11日より前の投稿が削除されていることを明かした。

 PESは2012年3月にツイッターを開設。この日の投稿で「しれっと削除の件を今知りました 周りに確認しましたが原因は分からずです 19年5月以前のツイートが全て消えているので現在Twitter側に問い合わせ中です」と過去の投稿が削除されているとし、原因を問い合わせているところと説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/577c0c8affae38ad251ad2b31f25707b1c09fa4d


8:  2021/11/25(木) 18:01:30.41 ID:S3gFqdsi0.net
メンバーもさすがにしらんだろうしなにがあったんかね


11:  2021/11/25(木) 18:07:41.94 ID:lj7WeCjA0.net
もう黙っていたほうが


続きを読む

1:  2021/08/03(火) 06:06:39.23 ID:CAP_USER9.net
松本隆「日本独自のものにはならない」"詞先"が激減するJ-POPの現状に本音激白!
投稿日:2021/08/02 14:59 更新日:2021/08/02 14:59 COCONUTS
https://coconutsjapan.com/entertainment/matsumototakashi-kanja-ishiwatarihunji/64910/


8月1日の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)では、作詞家の松本隆さんの特集を放送。作曲より先に作詞を行う手法・詞先が激減するJ-POPの現状について松本さんが本音を明かし話題を集めました。


■いしわたり淳治、松本隆に聞きたいこととは?

作詞家のいしわたり淳治さんは、松本さんに「詞先が激減する今の日本音楽に思う事は?」と質問します。

作曲より先に作詞を行う手法・詞先について、関ジャニ∞・村上信五さんが「今でも減ってるんですか?詞先って。いしわたりさん」と尋ねると、いしわたりさんは「ものすごく減ってますね。僕がやらせてもらう中でも9割5分ぐらいが曲が先にあります」とコメント。

続けて、いしわたりさんは「おそらくこの曲にするみたいなコンペが行われてるんでしょうね。なので曲だけが集まっている状態で、あとで呼ばれるっていうことが多いんだと」と音楽制作の裏側を明かしました。

また、いしわたりさんは「完成形として詞が先のものと曲が先のものって、ちょっと質感が違うと僕は思っていて。そうなると片方ばっかりがいっぱい出てるって、 松本さんも思ってらっしゃるのかなみたいなところもあって」とこの質問の意図を説明します。

■松本隆「日本独自のものにはならない」"詞先"が激減するJ-POPの現状に本音激白!

いしわたりさんからの質問に対して、松本さんは「人類の歴史的観点から考えると、まず思いがあって、思いに続く言葉があって、それにメロディを乗せてきた。そうやってポップスが生まれる歴史へと繋がってきた」と語ります。

続けて、松本さんは「日本では、外国の真似をしてサウンド重視。まずかっこいいサウンドを真似して、それに合うメロディをつけて、それから詞をつけてっていう逆の手順を踏んでいる。だから日本独自のものにはならない」と質問に回答しました。

松本さんとは多くの作品でタッグを組んできた音楽プロデューサーの武部聡志さんは松本さんの回答について「この答え感動しました。僕! やっぱり日本独自のポップスを作っていかないと」と松本さんの意見に共感します。

続けて、武部さんは「日本の曲がビルボードのチャートで上がったりね、それこそグラミー賞を取ったりっていう未来を考えたらやっぱり日本独自のものを作っていかないといけないと思うんですよね。だからそこをやっぱり隆さんは憂いてるなっていうのは…。これホント真理だと思います」と持論を展開します。

一方で、いしわたりさんは「自分が聞いたことに答えてくれたんだっていう感動が遅れて、今やって来ました」と語り、笑いを誘いました。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

(文:かんだがわのぞみ)


5:  2021/08/03(火) 06:14:00.03 ID:ikYQlqYX0.net
>>4
俺らの方が才能あるよな


13:  2021/08/03(火) 06:26:25.63 ID:VadDDj3d0.net
【 3776MINANARO 】聴けよw




続きを読む

1:  2021/06/30(水) 13:29:47.15 ID:CAP_USER9.net
2021.06.30 11:02
https://myjitsu.jp/archives/290099

あまりに若者向けな出演者に、一部の視聴者からは、

《私が知らないCDTVだ》
《久々にCDTV観たら、ほとんど知らない曲とアーティストばかり》
《CDTVは安定で知らない人ばっかりだから寝るわ》
《CDTVのノンストップライブ今んところ誰も見たことないや…。また知らない人出てきたから寝ます!》
《普段ボカロと古い曲ばっか聞くから、リハビリでCDTV見てるけどほとんど知らない》
《CDTVって何でこんなよくわからない歌手ばっかりなの?》
《アーティストの殆どを知らないという…。歳かなぁ》

などの不満が続出している。

時代の変化についていけない大人たち

この日は、シンガーソングライターのAIやアニソン歌手・藍井エイル、『関ジャニ∞』、HYDE、『エレファントカシマシ』のボーカル・宮本浩次とベテランミュージシャンも登場していた。しかし若手ミュージシャンが多く、触れたことのない音楽ファンもいたのだろう。

「最近は巣ごもり需要で若い世代がテレビに戻ってきていることもあり、テレビ局は若者向けの番組編成を意識している印象です。今回の放送では、大トリを宮本が務めていました。しかし、前半に若者向けアーティストが固まったせいで、宮本を知っている視聴者がチャンネルを変えてしまった可能性もあるでしょう。いつの時代も若者と高齢層は相容れないものなので、これからは全世代に刺さる番組作りが求められているのかもしれません」(芸能ライター)

音楽も時代と共に変化していくのは当然のこと。新しく登場したミュージシャンを認めてこそ、真の音楽好きと言えるのではないだろうか。


5:  2021/06/30(水) 13:33:31.87 ID:ZhVOtBkv0.net
嫌なら見るな


49:  2021/06/30(水) 13:44:04.65 ID:/7CZFX+y0.net
若い世代でも知らない
いつから音楽はマニア向けになったのか


続きを読む

このページのトップヘ