• カテゴリ:
1:  2022/05/19(木) 13:56:43.25 ID:2kb1p9qn0●.net BE:194767121-PLT(13001)

19日未明、北海道白老町で走行中の車から女性が転落し死亡しました。運転していた男性は
「口論となって女性が車から飛び降りた」と話しているということです。

 午前2時半ごろ、白老町社台の国道36号で走行中の車から女性が転落しました。

 転落した女性は30代から40代くらいで、意識不明の状態で病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

 消防によりますと、車を運転していた男性は「口論となって女性が車から飛び降りた」と119番通報してきたということです。

 警察は、男性に事情を聴くなどして事故の経緯を調べることにしています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/59f74fd63d577bc67f67d501b50c90e48260b210


3:  2022/05/19(木) 13:58:33.69 ID:LVckMJAr0.net
きまぐれオレンジロード


6:  2022/05/19(木) 13:59:46.60 ID:WaJSltPO0.net
>>3
ギャオオオン


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2022/05/16(月) 12:35:23.71 ID:CAP_USER9.net
5/16(月) 11:26
スポーツ報知

高橋一生、誤解されやすい悩みを告白「心から笑っているのに目が笑っていないと…」
キリン「氷結」PRイベントに出席した高橋一生
 俳優の高橋一生が16日、都内でキリンビールの「“完璧な新キリンチューハイ”お披露目発表会」に出席した。

 高橋は、この日から全国放映される新テレビCM「新氷結 新登場篇(へん)」に出演している。イベントで、実際に同商品を試飲した高橋は、「おいしいです、おいしいです」と太鼓判を押し、「これまでの『氷結』にさらに磨きがかかって、果実のみずみずしさも爽快です」とアピールした。

 高橋は、「氷結」を飲みたいシチュエーションについて「登山や自然に触れることがとても好き。キャンプをして、自然の中で『氷結』の爽快感を味わいたい。想像しただけでたまらないですね」と声を弾ませた。

 同商品テーマにちなみ、司会者から「高橋さんご自身も完璧なイメージがあるが」と聞かれると、高橋は「心から笑っているのに、目が笑っていないと言われてしまうことがよくあるんです」と首をかしげて悩みを明かしていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/6887ece1c126bd558a5e30081f8a7e99c46d00e9


3:  2022/05/16(月) 12:37:51.68 ID:ctdYt3g50.net
こいつ日村みたいできめえ


12:  2022/05/16(月) 12:42:13.86 ID:cH/rW0o90.net
>>3
きれいな日村


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2022/05/17(火) 20:11:19 ID:NU3UkWr0r.net
なんでなの?


4:  2022/05/17(火) 20:11:48 .net 
車とかスーツケースにもは貼るだろ


5:  2022/05/17(火) 20:12:06 ID:NU3UkWr0r.net
>>4
なんで?


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2022/05/16(月) 21:23:16.15 ID:CAP_USER9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/57fd193909ef6094846ddbf1015546f4c4bbbbd4


テレビで見るままの天性のエンタティナーを思わせるエピソードが本誌の取材に多数寄せられたが、上島さんが出演したあるCMの演出を担当した映画監督によると、2カ月ほど前、上島さんは気になる様子を見せていたという。

「撮影の合間、放心状態のようになって部屋の隅のほうでじっと目をつぶっていたんです。ヘアメイクの子が直しを入れようと近づくと、ハッとした様子で慌てて取り繕いながら、“最近寝つけなくてね、歳なのかなあ。お酒を飲んで寝ようとしたんだけど、なかなか寝られないんだよ”と洩らしたそうです。

 とても繊細な方だったので、いろいろなことがこたえていたのかもしれませんね」

 この話を裏づけるように、昨今の世相について上島さんがあれこれと思い悩んでいたことを偲ばせる別の証言もある。

「リアクション芸人にはやりにくい時代です。コロナ対策を徹底すれば芸のリアルさが失われるし、“熱湯風呂”もコンプライアンスの観点からできなくなってきている。このご時世にダチョウ倶楽部の芸のおもしろさをどう伝えるか、上島さんは頭を悩ませていたようです。4月におこなわれたイベントで、アクリル板越しですが久々に“キス芸”をやれたときは、嬉しそうでしたよ」(芸能事務所関係者)

 本誌が初めてダチョウ倶楽部を特写した1994年の記事でも、自らの「イジられ芸」について、「いくら上手な芸人でも俺には敵わないはず」と自信を見せていた上島さん。しかし、コロナ禍で彼もまた生きづらさにとらわれていたのかもしれない。

 ところで上島さんといえば、故・志村けんさんとの交流がよく知られている。今年3月、本誌の「寄港めし」に登場した際も、志村さんが行きつけにし、一時は上島さんと連れ立って毎日のように通っていたという東京・麻布十番の鉄板焼き店「三と十」を訪れて、「志村さんとの間では、“おネエちゃん”の話で盛り上がるけれど、最後はいつもお笑いの話になっていた」と懐かしそうに語っていた。

「志村さんの入院中は面会にも行けなかったので、亡くなった実感もなかったけれど、三回忌を経てようやく事実として受け入れられるようになったと上島さんは言っていました。志村さんが亡くなったことで、コントをやる機会もなくなってしまうと、喪失感にかられていたようですね」(前出・芸能事務所関係者)

 そんな上島さんは、前出の映画監督とくだんのCMの発表会で3月に対面した際、「上島竜兵が主演の映画ってどう?」と監督に話を持ちかけていた。上島さんは、もともと俳優を目指して上京し、後にお笑いに転じたという経歴の持ち主。監督が「ぜひ。いつならやれますか?」と逆に聞き返すと、上島さんは急に真顔になって、志村さんのことを語りはじめたという。

「本当は、志村さんのやるはずだった、『キネマの神様』の役がやりたかったんだよな。俺が代わりに演じられたら、志村さんへの供養にもなったんじゃないかなって。ま、そんな大役を俺が演じるのは無理だろうけどね」

 そう言って寂しげに笑う上島さんを見て、「この人は本気で芝居がやりたいんだ」と思ったのだと監督は言う。

「上島さんが本当にやりたかった仕事は、個性的な俳優だったそうです。遠藤憲一さんみたいな独特の味のある役者に憧れているとも言っていましたね。コントで売れた人ですが、役者への思いが本物だとわかり、本気で実現させようかと考えていたんですが……」

 前出のプロデューサーは、最後に上島さんと酒席をともにした昨年暮れのことを鮮明に記憶している。

「ずっと僕のことを“重役”と呼んでいました(笑)。帰りのタクシーに先に乗せてくれて、振り返ると直角に頭を下げていました。お礼のショートメールを送ると、『また行こうね』の一文と、慣れないからか不思議な絵文字が送られてきました。その『また』がかなわなくなるなんて……」

「聞いてないよォ」の気持ちで喪に服しながらも、人々の心には優しい上島さんの姿が刻まれている。

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652681837/


2:  2022/05/16(月) 21:24:04.91 ID:Bb2NOyrL0.net
寝れないのは本当にツラい


3:  2022/05/16(月) 21:24:54.12 ID:FUXmkv6m0.net
お酒を止めれば寝られる


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2022/05/16(月) 16:43:51.13 ID:C6V2gHS00●.net BE:598966228-2BP(2000)

製造業の国内回帰始まる、建材受注増加、人件費安が魅力-東製鉄

製造業が今後急速に国内に戻り、「プチ建設ブーム」が来る。東京製鉄の今村清志常務は、歴史的な為替のドル高・円安推移や地政学的なリスクなどの高まりから、すでに製造業の国内回帰が始まっているとの見方を示した。

9日のブルームバーグのインタビューで答えた。建材商品の受注が今年に入り前年比1割増となっており、「国内回帰という動きが新たに出てきている」ことが需要増の主因だと話した。

生産拠点を国内に戻す動きは自動車部品や家電、化粧品、食品などさまざまな業界で始まっているという。受注は今秋からさらに増えるとみており、この傾向は「3━4年は続くのではないか」と予想する。

  今村氏は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた供給網の混乱やロシアのウクライナ侵攻への懸念に加え、円が対ドルで約20年ぶりの安値水準にある中で国内の「人件費が安い」ことが国内回帰を後押ししているとみる。国内で海外よりも安く製品を製造できるようになるため、「円安は少なくとも製造業にとっては、戻ってくる人たちにとってはチャンス」だと強調した。

国内の製造業の多くはこれまで、長引くドル安・円高傾向の下で海外へと生産拠点を移転させてきた。一方で、国内生産の空洞化が懸念され、日本政府は近年、国内回帰の動きを支援してきている。国際協力銀行(JBIC)によると、2001年に25%だった海外生産比率は18年には37%まで上昇。その後、33%台に下落している。
 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-15/RBRZQ8DWLU6C01


2:  2022/05/16(月) 16:44:53.45 ID:Y+pl7m1D0.net
輸入の原材料費と輸送コストを考えても逆転しちまったのか。


4:  2022/05/16(月) 16:45:22.31 ID:0VXJ32r+0.net
小麦育てようぜ


続きを読む

このページのトップヘ