• カテゴリ:
1:  2018/07/09(月) 21:42:02.41 ID:XtdcePMLd.net
あれ美味いって思えるの味覚障害やろ


4:  2018/07/09(月) 21:42:20.46 ID:/pGCzw6s0.net
本店がうまいで


2:  2018/07/09(月) 21:42:20.09 ID:QIlDnL860.net
不味いよ
辛いだけ


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/07/12(木) 09:25:59.174 ID:o6LcC9MR0.net
陸軍が弱かったんだな


2:  2018/07/12(木) 09:27:04.175 ID:oWZwlr5J0.net
無敵だったの最初の頃だけな


5:  2018/07/12(木) 09:28:53.456 ID:A+hcluC0a.net
別に最強でもない


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/07/12(木) 19:47:23.73 ID:OWxDQ/si0.net BE:123322212-PLT(13121)

 1987年公開の映画『ロボコップ』の続編が、『第9地区』などを手掛けたニール・ブロムカンプによって製作されると、Deadlineが独占で報じている。

 本作は、近未来のデトロイトを舞台に、ひん死の重傷を負った警官アレックス・マーフィーがサイボーグとして蘇り、犯罪者たちに立ち向かうSFアクション。
『トータル・リコール』『氷の微笑』などのポール・ヴァーホーヴェン監督がメガホンを取り、その後続編が2本製作された。2014年には、ジョゼ・パヂーリャ
監督によるリメイク版も公開されている。

 同サイトによると、ブロムカンプ監督の新作は『ロボコップ・リターンズ(原題)/ RoboCop Returns』と題され、1987年版の続編として製作されるという。
脚本は、来年全米公開予定の『ターミネーター』新作映画も担当しているジャスティン・ローズが執筆し、1987年版の脚本を担当したエドワード・
ニューマイヤーとマイケル・マイナーがエグゼクティブプロデューサーとして参加する。

 ブロムカンプ監督は、オリジナル版が当時子供だった彼に大きな影響を与えたと同サイトに語っている。また『ロボコップ』の魅力は、
「人間同士のつながり」がストーリー上で描かれていることだとも明かしている。『第9地区』『エリジウム』などで独自の世界観を表現してきた彼が、
オリジナル版の続編をどのように描くのか注目だ。

 MGMが製作を担当する本作は、公開日や製作時期などは現時点で明らかになっていない。(編集部・倉本拓弥)
https://www.cinematoday.jp/news/N0102186


2:  2018/07/12(木) 19:47:47.13 ID:7XcGmgQt0.net


6:  2018/07/12(木) 19:49:11.46 ID:pRKl8zyu0.net
>>2
これこれ。
子供心にかっこいいと思ったもんだ。
これ見て公安職目指した奴多いんじゃないかな。


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/07/13(金) 09:28:21.83 ID:CAP_USER9.net
SNSでは炎上しないといわれていたタレントの小島瑠璃子。今年1月に出演したバラエティー番組での発言をきっかけに、とうとう炎上騒ぎを起こしてしまった。

 千葉県出身の小島は、東京や神奈川からはバカにされているとしつつ、埼玉には勝っていると発言。その根拠は、「埼玉に行かないでも人生を終えられる」が、「千葉に行かなくては人生は終えられない」というもの。千葉のどこへ行くのかといえば、言わずもがな、ディズニーランドに成田空港なのである。

 これに女優で埼玉県出身の夏菜が「ピーナツでも食ってろ!」とキツめのツッコミを入れて笑いを取っていた。これはこれでバラエティーらしい一場面だ。頓知のような小島の主張に対して、他県出身者が名産品を絡めて突き放すようにちゃちゃを入れる。なかなかのプロレスっぷりではないか。

 ところが、ネットでは直後から小島をくさす書き込みが殺到する。「一生埼玉へは来るな」「ここまでバカにする必要ある?」「千葉なんて行かねぇよ」

脇の甘さがなかったかと言われればあったかもしれないが、それにしても特に出過ぎた真似をしたわけでもないのに散々なじられる。辻希美や木下優樹菜と同タイプの炎上だ。

 実は、炎上しない小島が炎上するその理由は、別のところで明かされていた。昨年10月、俳優の中尾彬が別のバラエティー番組のなかで小島について「俺は嫌い」と言っていた。

 その訳は、「何やっても『わたしうまいでしょ』って顔する」からというもの。キメやふとした表情にドヤ顔が出るのが気に入らないというのである。

 小島はまだ20代にもかかわらず、最近では番組の司会進行やリポートで評価が高く、毎日のようにどこかの番組で見かける存在となっている。昨年秋の衆院選では、選挙特番のリポーターとして起用され、初めてとは思えない取材っぷりを見せて話題になっていた。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/233221/2


5:  2018/07/13(金) 09:32:00.17 ID:kFtuw9DQ0.net
サイエンスゼロがこの人になってから見る気が一気に失せた


243:  2018/07/13(金) 11:21:29.18 ID:FOyIV7X60.net
>>5
本当にそれ
リアクションがエスカレートしすきて異常なことになってる


続きを読む

  • カテゴリ:
1:  2018/07/12(木) 00:13:28.52 ID:5//w7Gcz0●.net BE:324064431-2BP(2000)

「月刊ガンダムエース 2018年8月号」本日発売!
「ガンダムビルドダイバーズブレイク」堂々開幕!大河原邦男デザイン「ガンダムF89」が表紙に登場!




https://www.gundam.info/news/publications/news_publications_20180626_23.html


2:  2018/07/12(木) 00:13:57.02 ID:XGiiCRZX0.net
オランウータン


11:  2018/07/12(木) 00:16:37.72 ID:6r9yJnAK0.net
あ、シャズナのイザムだ!

イザムガンダム確定


続きを読む

このページのトップヘ